お気に入りに追加
自然科学ブログ参加中。皆様の応援クリックがはげみです。ありがとうございます☆





あおいちゃんの初心者のための気象予報士試験対策スポンサー広告
> (専門)平成20年第1回気象予報士試験 専門 解答公開(第30回)> あおいちゃんの初心者のための気象予報士試験対策その他
> (専門)平成20年第1回気象予報士試験 専門 解答公開(第30回)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告||TOP↑
平成20年第1回 専門
あおいの考える 解答

1.②
ひまわり6号は夜間の霧でも観測可能なんですね。)

2.②
(積雪の深さについては気象庁のこちら
ある一定時間の雪は、「降雪の深さ」ですね。

3.③
4.⑤
(bは、中・下層でいいのでしょうか?)

5.①
(第一推定値は6時間前の数値予報結果ですね。)

6.⑤
7.⑤
(地表に近いところは垂直方向の解像度が高い)

8.③
9.④
10.⑤
11.②
12.②
13.⑤
最大「瞬間」風速でなく、最大風速でしょうか。

14.④
15.②
エルニーニョ


自然科学ブログ


参考になられた方クリックお願いします。
スポンサーサイト
その他コメント(14)トラックバック(0)TOP↑
うっ・・
全然違う・・・と思ったら、専門でしたか。
また、一般かと思いました。
焦った・・・。

ボクも見直してみます。
From: あめぼう * 2008.08.24 22:04 * URL * [Edit] *  top↑

参考にしてください
問2 一定時間内に積もった雪は「降雪の深さ」であって「積雪の深さ」ではない(合格の法則、オーム社より)、よって2ではないかと。

問7 鉛直方向の層の間隔は地表面に近い下層で細かくしている(ナツメ社の学科試験問題集第2版、H14年度第2回専門問7解説文による)とあるので5では。

問15 気象庁のHPによると、エルニーニョの記述aは正しいので、2と思われます。

あと問8は自信ないので教えていただきたいのですが、蒸発霧が発生する状況では、上方は寒冷、下方は暖湿なので、不安定になるんではないのですか?…でも私も前線霧が放射霧であるとする説明は×だと思ったので?でした。

ご意見ください。

From: くりりん * 2008.08.25 00:20 * URL * [Edit] *  top↑

訂正しました。
くりりんさん
参考情報ありがとうございます。
訂正しました。

問8はちょっと難しいですね。
From: あおい * 2008.08.25 00:25 * URL * [Edit] *  top↑

たびたびすみません
「天気予報の技術」(東京堂出版)に前線霧は3種あり、その中の1つが「前線の通過後、雨で湿った地表上に放射冷却によりできる放射霧」と明記されていました!よって問8は3で確定と思われます。
From: くりりん * 2008.08.25 02:27 * URL * [Edit] *  top↑

はじめまして
解答速報を探していたらこのページに行き当たりました。
まだ1日しか経っていないのにすごいですね…。
これからも度々寄らせていただきたいと思います。
よろしくお願いします。

ところで、問6のことでちょっとお聞きしたいことがあります。

(c)の「保存量」という表現が気になって、③が⑤で悩んだ挙句、
結局③にして×だったのですが、ここは保存量という言葉を
使うのが適当でない、という理由から×なのでしょうか?

自分なりに理由を探しているのですが、知識不足でちょっと
思い当たらないものですから、お聞きしました。
よろしければご教授ください。
From: 源五郎 * 2008.08.25 20:46 * URL * [Edit] *  top↑

私も③にしました。
700hpaではみなせるとおもいましたので。
From: やそ * 2008.08.26 13:17 * URL * [Edit] *  top↑

鉛直p速度は
過去問に出ています。
第14回(平成12年度第1回)専門・問6(d)
「700hPa付近の高度では、鉛直流は保存量とみなすことができるので、 総観規模の擾乱の追跡に利用される。」 …誤

(解説)上昇流の大きさは暖気移流・正渦度移流・非断熱効果(潜熱放出など)の3要素の和で決まり、保存量ではない。
From: くりりん * 2008.08.26 21:57 * URL * [Edit] *  top↑

お礼
>くりりんさん

早速のお返事ありがとうございます。
過去問を見ると確かにそうなっていますね。
渦度の保存が500hPa面で良いことと混同させようという出題者の
狙いにまんまとひっかかってしまいました(苦笑)

7年振りの予報士試験でしたが、問題がかなり手ごわくなっているのが
分かります。今回はある程度勉強して臨んだつもりでしたが、自己採点の
結果は一般、専門どちらも10点でした(;_;)

…ともかく、今日からまた5ヵ月後に向け勉強再開です。
試験実施がいつ年1回になるかも分かりませんし、できるだけ
早く受かるに越したことはありません。
このサイトをモチベーションに変えて、私も頑張ります!
From: 源五郎 * 2008.08.26 23:41 * URL * [Edit] *  top↑

ありがとうございます
教えていただきありがとうございます。
これで望みが断たれました。
また勉強します。
一般 12/15
専門 10/15
11点は難しいです。
From: やそ * 2008.08.27 12:02 * URL * [Edit] *  top↑

学科専門の合格ライン
やそさん、あきらめるのはまだ早いですよ。私は9回目の受験です。今回の学科専門はやたらと難しいので、おそらく合格ラインは10問以下になると思います。
 私も、9問正解ですが、問題11は正解が①と②になっているサイトがあります。①になれば、私は、
10問正解となり、合格に近づきます。
From: mitu * 2008.08.28 08:31 * URL * [Edit] *  top↑

ううっ
それが、問5が①になると、
9点になってしまうんです。
といいますか、
たぶん①だと思います。
次回頑張ります。
From: やそ * 2008.08.28 18:39 * URL * [Edit] *  top↑

問題11は確かに難しいですね。私も①にしました。

放射冷却による気温低下には地形も大きく影響してきますので、
ガイダンスの役割である「数値予報モデル地形と現実の地形の差を
補正する」という部分からすると、「予測誤差を軽減できる」という
記述は正しいとも言えるのかな、と個人的には思ってます。
From: 源五郎 * 2008.09.03 00:15 * URL * [Edit] *  top↑

専門問1のd
専門問1の(d)、ドップラー気象レーダーは晴天乱気流を捕らえることはできないのですか?関空島に設置された同レーダーがこの目的で利用されてると思ってました。どなたか教えてください。
From: 笑 * 2008.09.03 14:13 * URL * [Edit] *  top↑

おそらくですが、ドップラーレーダーはいわゆる降水粒子から
反射された電波の位相を観測することで空気塊の動きを捉える
ものですので、降水粒子のない乱気流である晴天乱気流は捉え
られないのだと思います。
From: 源五郎 * 2008.09.03 18:43 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

あおい

Author:あおい

メニュー
リンク
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。