FC2ブログ
お気に入りに追加
自然科学ブログ参加中。皆様の応援クリックがはげみです。ありがとうございます☆





あおいちゃんの初心者のための気象予報士試験対策スポンサー広告
> 実技Ⅰ 問4 (第29回気象予報士試験)> あおいちゃんの初心者のための気象予報士試験対策問題
> 実技Ⅰ 問4 (第29回気象予報士試験)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告||TOP↑
第29回気象予報士試験 実技Ⅰ 問4
(平成19年度第2回)

私の考える答え
(間違いなどあったら、コメント欄で指摘していただければ幸いです)

東京と神奈川にかけて風のシアがあり、南東風と北西風が
収束しているため上昇流が強化されている。
【修正 上昇流の言葉は不要かもしれません。地上図は読み取れないため】

地学・地球科学には気象予報士の方がいます
スポンサーサイト
問題コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
実技Ⅰ 問4
毎度です。
上昇流が強化されていると解答にありますが、あくまでも図12の5時の関東地方の地上風分布の特徴を述べよと問題文にあります。上昇流があることは推測できますが、図12から読み取ることは出来ないと思うので、記載は不要ではないのでしょうか?
From: 風と雨 * 2008.01.29 23:13 * URL * [Edit] *  top↑

地上風なら
こんにちは
風と雨さん
たしかに、問題文にそうありますね。
地上風だけなら、収束までが
キーワードになりますね
From: あおい * 2008.01.29 23:36 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

あおい

Author:あおい

メニュー
リンク
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。