FC2ブログ
お気に入りに追加
自然科学ブログ参加中。皆様の応援クリックがはげみです。ありがとうございます☆





あおいちゃんの初心者のための気象予報士試験対策スポンサー広告
> 実技Ⅰ 問2 第29回気象予報士試験 > あおいちゃんの初心者のための気象予報士試験対策問題
> 実技Ⅰ 問2 第29回気象予報士試験 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告||TOP↑
第29回気象予報士試験 実技Ⅰ 問2
(平成19年度第2回)

私の考える答え
(間違いなどあったら、コメント欄で指摘していただければ幸いです)

(1)
15~16時
南南西の強風が、南西から西の相対的に弱い風に変化した

(2)
22~24時
850hPaを境に下層は北北西のやや強い風だが、
上層は西よりの風になっている
【修正 前線通過前は上空に向かって風向が時計回りに変化していたが、
通過後は風向が反時計回りに変化するように変わった】

【さらに修正 
前線面を境にその上では西~南よりの風、その下では北よりの風になっている】


(3)
地上前線を境に南東側に降水域がある。
850hPaの湿数が3度以下の領域に降水域があり、
南南西から西南西の15~55KTの風が吹いている。

(4)
地上前線の東側では湿潤域となっていて
西側では乾燥域となっている。

(5)
大量の水蒸気を含み大気の状態は不安定で、雲の高さは高い。
【修正 雲頂高度は上層で、中・上層(重要なキーワード)
で水蒸気量が多い大気の状態である】


(6)
積乱雲
14km
下層から上層すべてにおいて、気温と露点温度が近く湿っていて雲が発生しやすい。
また地上天気図に積乱雲が観測された記号がある。


自然
スポンサーサイト
問題コメント(5)トラックバック(0)TOP↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2008.01.28 13:34 *  * [Edit] *  top↑

問2(2)
解答掲示していただき、ありがとうございます。本問ですが、22から24時の間は、厳密にはまだ通過中で、通過前は上空に向かって時計回りに変化でよいと思うのですが、通過後は「前線面を境にその上では南よりの風、その下では北よりの風になっている」とした方がよいのではないでしょうか?
From: aiko * 2008.01.29 19:40 * URL * [Edit] *  top↑

前線通過
訪問ありがとうございます
これの問題文は
『図3(下)(ウインドプロファイラ観測による水平風時系列図の和歌山において
850hPa付近の高度で何時から何時の間に前線が通過したかを、2時間の幅を持たせて答えよ。また、そのように判断した根拠である高度1~3kmの層の温度移流の変化を示唆している前線通過後の鉛直方向の風の変化について45字程度で述べよ。』

ですね。
この図3の時系列は右側は昔で
左側ほど未来の時間になっています。

問題文から、通過後は
24時より左側だと思います。

前線面の下では確かに北よりの風だと思います。
しかし、上では西より、もしくわ
南西だと思うのですが
いかがでしょうか?

From: あおい * 2008.01.29 22:06 * URL * [Edit] *  top↑

実技Ⅰ 問2(5)
またまた毎度です。
大気の状態は不安定との解答ですが、自分は『雲頂高度は上層で、中・上層(重要なキーワード)で水蒸気量が多い大気の状態である。』としました。
確かに大気の状態は不安定と推測はされますが、問題文に画像の特徴から得られるとあるので。いかがでしょうか?
From: 風と雨 * 2008.01.29 23:26 * URL * [Edit] *  top↑

問題文読み取り
毎度ですね。
こんばんは
ご指摘ありがとうございます。
中上層という言葉が重要になりますね
水蒸気画像からの読み取りですし。
非常に参考になります。
From: あおい * 2008.01.29 23:43 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

あおい

Author:あおい

メニュー
リンク
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。